調剤薬局の情報が満載!

当サイトでは薬剤師の中でも責任のあるポジションである管理薬剤師にスポットを当てており、その業務や役割、求められるスキルなどのさまざまな事柄について説明しています。
また調剤薬局で利用可能な介護サービスや実行している監査、市場分析などに関する情報も取り扱っており、職場環境とともにそこでの仕事内容や特徴といったものもピックアップすることで、身近に存在しながらも意外と知られていない仕事内容について詳しく紹介しています。

調剤薬局の管理薬剤師について

調剤薬局の管理薬剤師について 管理薬剤師といえば、薬剤師の中でも他の薬剤師を管理したり教育指導する立場ではありますが、それだけが仕事というわけではありません。
さらに職場についてもドラッグストアや製薬会社、病院や一般企業など、薬が関係しているところならばどこでも求められる傾向にありますが、やはり一番多く就労しているのは調剤薬局です。
そんな調剤薬局では従業員の管理や教育とともに医薬品の管理も実施しており、他にも顧客である患者に対しても責任があるので、医薬品の説明や利用できる介護など、サービス内容についての説明といった接客スキルも求められ、服薬指導後の副作用などのトラブルについても情報収集や報告などを実施することもあります。
それゆえに業務内容は多岐にわたるので豊富な知識と経験を身に着けることが可能であり、スキルとともに人間性も高めることができるポジションでもあります。

調剤薬局などにおける管理薬剤師の役割とは

調剤薬局などにおける管理薬剤師の役割とは 調剤薬局には薬剤師という職業の方が働いています。
薬剤師は医薬品の幅広い知識を持っていて、調合などを行う役割を果たします。
医薬品を販売するためには薬剤師資格を持っている方が働いていることが条件となります。
そのため、調剤薬局だけでなくドラッグストアなどでも必要とされる資格です。
薬剤師の中でも管理薬剤師として働いている方がいます。
管理薬剤師はそのお店で働いている人員や物資などを管理し、お店の経営が順調に行えるように働きます。
薬局も小売店の1つであり、様々なものを販売する必要があります。
競合店などが幅広く存在する中で売り上げを確保していくためには重要な役割となっています。
管理薬剤師になると基本的には給料が上昇します。
そのため、薬剤師のキャリアアップとしても捉えられています。
一方で仕事内容は医薬品以外の人事などに及ぶため、医薬品だけの仕事をこなしたい方には向かないかもしれません。
逆に薬品だけでなく、幅広く店の運営に関わりたいという方にはやりがいのある仕事です。
これらの部分が製薬会社での業務と真逆になっているので薬剤師の転職の判断材料ともなることがあります。
ドラッグストアなどでもこの仕事の役割は重要です。

調剤薬局で電子天秤の誤差を発見するのに役立つ分銅

調剤薬局では、薬の分量を正しく測るためにはかりを使用することが多くあります。しかしどんな測定器でも良いというわけではありません。
なぜならば調剤薬局のような業務上で重さを証明する場合には、検定付きの天びんや分銅を用いる必要があるからです。
なぜこのようなことが決められているのかと言うと、商売のシーンで、有償無償を問わず物品や薬の給付を目的として業務上の行為を行う場合、取引に該当するため特定計量器を使うことが定め付けられているからです。調剤薬局で分銅を使う場合は、こうした点に注意して選ぶことが大切です。
なお実際の現場では、直接おもりとして使うのではなく、日常点検用に使うケースが多いようです。これは基準を満たしたはかりであっても、使っているうちにズレが生じる事があるためで、それを調べるために用いるからです。
日常点検用のものはピンセットと複数のグラムからセットで売られているので、それを購入すれば異常がないかどうか簡単に確かめることができます。

調剤薬局の天秤や分銅の重要性に関する事について

多くの人は一度や二度、風邪をひいたりインフルエンザに感染し最寄りの内科などのお世話になったことがあるでしょう。
医師による診察を受け、病名が確定すればそれに見合った薬の処方箋を発行してくれるんです。昔はクリニックや病院の院外処方が主流でしたが、自由化や規制緩和もあって院外処方が主流になってるんです。
病院やクリニックの外にある調剤薬局に処方箋を持っていき、そこで薬の調合をしてもらうのです。調剤薬局では五位の処方性に基づき、天秤や分銅を使って適切で的確な分量を小袋に包み、薬を処方します。
ここで天秤や分銅の扱いを誤ったり、これらに誇り汚れやさび付きが付着している測量ミスが起こり、患者さんに多大な迷惑をかけるどころか医療ミスが発生してしまうので慎重に測量したり分銅を扱っていかなければいけません。
そのため調剤薬局は使う測量系や分銅の品質の高さに着目し、ISOやJCSS認可の周期的に構成などが行われている物を正しく使って測量していかなければいけません。

調剤薬局ではおもりの校正も重要で薬品の安全性に欠かせません

調剤薬局で薬品を扱う場合、最も重要なのが安全師絵ですが現場で使っている重要計算器の正確さは欠かせずそれにはおもりの校正が必須です。
今でも調剤薬局では昔の天秤式の秤が現役で活躍していることも少なくなく、より正確なデジタル計測器に移行はしてきてますが、デジタルでも定期的に計測値が正確であるかのチェックは必要です。
数値があっているかを調べるなら簡単ではと感じますが、実はチェックするのはかなりの熟練が必要で国家が保有している標準計測器に対して、どのくらい測定での誤差があるかを確認します。
検査結果で誤差が許容範囲ならJCSS校正ラベルが発行され、これは現場で使う重量計測器に貼り付けてないといけません。
品質管理のルーツはスイスのジュネーブに本部があるISO国際標準化機構からきてます。昔はアメリカで開発したTQCトータルクオリティコントロールシステムが使われてましたが、これには欠陥があって現場で働く人に品質管理のサポートをしてもらっていても時間外に活動させられてその残業代の支払いもなかったようです。
このような関係からこのシステムは次第に衰退しました。代わりに今も使われているトレーサビリティーだと基本的に製品が製造された時点にさかのぼって、全てのデータがチェックできる優れたものです。

調剤薬局で処方箋の疑義照会を行う場合について

疑義照会とは、調剤薬局の薬剤師が処方箋の記載内容に不明点や疑問点があった場合に、処方箋を発行した医師や処方箋を受け取った患者様に対して、その内容を確認する業務のことです。
疑義照会には2種類の内容があり、チェックするべきポイントを抑える必要があります。 一つは処方箋に記載すべき規格や用法が記入されているか、コピーでなく原本であるかや薬剤名の変更や販売中止になった医薬品ではないか、処方制限や投薬制限を超過していないかなどをチェックする形式的なものがあります。
もう一つは、患者様に副作用歴やアレルギーの有無や禁忌や慎重投与対象となっている症例ではないかなどの薬学的視点から見て投薬に問題が無いかどうかをチェックすることです。照会を終えたら内容に変更があったかどうかに関わらず記録しなければいけません。
調剤薬局などで調剤業務を行う薬剤師の重要な業務の一つであり、これを行わずに調剤を続行することは、薬剤師法で禁止されています。
豊富な知識と経験を身に付けるとともに、コミュニケーション能力を高めることで照会がスムーズに行えるコツです。

調剤薬局と院内処方ってなにがどう違うの?

街にはいたるところにドラッグストアがあります。店内を見回すと処方箋を渡せるカウンターにてお薬を調合してくれる場所があります。
これが調剤薬局です。ドラッグストアでなくても、クリニック付近には通常いくつか小さな薬局が並んでいます。これも調剤薬局で医師からの処方箋をもとに薬を調整してくれます。
これらは病院やクリニックの外にある薬局なので院外処方とも呼ばれます。逆に院内処方とは、その病院やクリニックの中に調剤薬局の役割をする場所(薬剤部)にて、自施設内でお薬を用意することです。最近ではそのような施設は減りました。
患者さんは処方箋があれば病院の近くでなくても、自宅近く等どの薬局でも薬を処方してもらうことができるのです。
院内処方では手数料がかからないため、患者さんの負担が少ないというメリットもありますが、国の方針により病院だけに儲けが偏らないよう、なるべく薬局に人が流れていく方針に変わってきています。

M&A関連情報

調剤薬局 M&A

新着情報

◎2022/6/10

情報を更新しました。
>調剤薬局で電子天秤の誤差を発見するのに役立つ分銅
>調剤薬局の天秤や分銅の重要性に関する事について
>調剤薬局ではおもりの校正も重要で薬品の安全性に欠かせません
>調剤薬局で処方箋の疑義照会を行う場合について
>調剤薬局と院内処方ってなにがどう違うの?

◎2019/8/9

調剤薬局が取るべき対策とは
の情報を更新しました。

◎2019/6/13

最近の動向と今後の見通し
の情報を更新しました。

◎2019/4/1

調剤をしている薬剤師について
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

調剤薬局の市場分析
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

調剤薬局事務の仕事内容を紹介
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「薬局 薬剤師」
に関連するツイート
Twitter

【8月16日開催】オンラインセミナー 生き残るために薬局がやるべきこと

緊急避妊薬、進まぬ議論 処方箋不要の薬局販売、医師から慎重論:朝日新聞デジタル # 外国のように、薬剤師の説明で薬局販売すればいいと思う!

薬剤師が不足している地方は年収が高いです。 全国どこでも行ける場合は、最初から年収700~800万円程度は可能です。 一方、東京や大阪などの大都市は薬剤師が多いため、調剤薬局だと650万円が限度です。

【病院に転職する際の注意点】 全国にある病院数は約8400、薬局数は約58000です。 病院は薬局の7分の1程度しかなく労働環境が悪い病院は多いです。 病院薬剤師は、環境が嫌になっても異動ができません。 ※オススメの転職サイトはプロフ参照

おはようございます☁