調剤薬局の情報が満載!

調剤薬局が行こう監査とは

調剤薬局が行こう監査とは 処方監査と呼ばれるは医師が患者に対して処方した薬剤が適切なものであるかどうかをチェックするもので、調剤薬局の重要な仕事内容の一つです。
調剤薬局は処方箋に記載されている薬を出すだけが仕事ではありません。
処方箋に記載されている患者の情報や薬剤の量や投与日数が適切なものであるのかをチェックすることも重要です。
本来であれば、複数の人の目でチェックすることが好ましいことではありますが、薬局の規模が小さい場合などは一人で監査を行う場合もあります。
疑わしい点が見つかったという場合、薬剤師が自己判断で行動をすることは出来ず、必ず薬の処方を行った医師に確認をします。
変更があるであろうと想定することが出来る場合には、あらかじめ代替薬などについての提案を行うことで、作業の手間と時間を省くことが出来る可能性もあります。
薬は良い作用があるばかりではありません。
間違った方法で服用・使用した場合には重大なトラブルとなる可能性もあるため、間違いがないかどうかを確かめるのは非常に重要な仕事です。

調剤薬局で薬剤師が行っている調剤の流れについて

調剤薬局で薬剤師が行っている調剤の流れについて 調剤薬局で行われている調剤の流れを説明していきましょう。
医師によって発行された処方せんを患者さんが持って調剤薬局に来られたら、薬剤師は処方せんの内容に疑わしい点がないかどうかを監査します。
それから、患者さんが持ってきたおくすり手帳で他院から処方されたお薬を確かめたり、調剤薬局で保管している薬剤服用歴を見ながら医師が発行した処方せんの薬剤が重複していないか又は相互作用等をチェックしていくのです。
そして、処方内容に基づいて薬剤を保管場所から取り出して用法と用量にあわせて薬剤師が調剤していきます。
お薬にはさまざまな剤形がありますので、混合したり粉砕したり一包化といった分包機を使って処方せんの指示に従って行っていき、その後別の薬剤師が監査をして患者さんにお薬を一緒に確認してもらいながら服薬指導が行われてお渡しするものです。
最後には、患者さんごとに作られた薬剤服用歴に記録を残して調剤薬局で管理していきます。