調剤薬局の情報が満載!

調剤薬局で利用できる介護保険のサービス

調剤薬局で利用できる介護保険のサービス 調剤薬局は健康保険が使用出来るため、介護保険法に規定する居宅療養管理指導及び介護予防居宅療養管理指導のサービスが可能です。
これらのサービスは要介護及び要支援認定を受けた人に対して、在宅での薬の服用などの指導を行えるものですが、調剤薬局では薬の服薬状況などもチェックしたりします。
余っている場合には、指示通りに服薬を怠っているとも考えられ、主治医に報告して指示を仰ぐ可能性も出てくるわけです。
薬の副作用などで生活に乱れがあるかどうかもチェックを行うこともあります。
日常生活を確認しながら服薬による健康や日常生活の変化なども確認したりします。
薬の服薬について疑義が生じた場合への対応も行い、利用者すなわち介護保険利用者に対する積極的な在宅での服薬などを管理していくものです。
これらの事業は利用単位数に含んで計算を行いません。
したがって他の事業との兼ね合いは発生しませんが、ケアマネジャーとの連携をしっかりと行う必要はあります。

調剤薬局の薬剤師訪問サービスってどんなことをするの?

調剤薬局の薬剤師訪問サービスってどんなことをするの? 調剤薬局へ行くのが大変だったりどれを飲めばいいのかわからなかったりするなど、薬のことで困っていることがあるのであれば、薬剤師訪問サービスの利用を検討してみましょう。
サービスを利用すると、調剤薬局まで行かなくても薬剤師が自宅まで来てくれて、様々な相談に乗ってもらうことが可能です。
薬剤師訪問サービスは、薬剤師が処方箋に基づいて薬を調剤し自宅まで届けてくれるほか、訪問時には患者本人や家族から丁寧なヒアリングを行ったうえで使用状況や効果、副作用、体調、生活状況などを確認することが主なサービス内容となります。
患者の体調や生活状況に合わせた薬を使用することで、治療効果を高めることが目的です。
飲むタイミングごとに一包化して届けてくれ、状況に応じて処方内容の変更を医師に提案してくれます。
また、訪問で得た情報は、医師やケアマネージャーをはじめとした医療チームで共有されるため、より安心して療養生活を送ることができます。