調剤薬局の市場分析

調剤薬局の市場分析

調剤薬局の市場分析 どの場所に調剤薬局を設ければ売り上げを上げることが出来るのかよく考える必要がありますが、それを調査するのは素人ではかなり難しいです。
そのためこのことで悩んでいる人が大勢いますが、今では調剤薬局の市場分析を行っている会社が沢山あり気楽に頼むことができます。
こういったことを調べるのは慣れてないと大変なことですが、プロの視点に立って研究をすればそれほど難しいことではないので心配することは何もないです。
ただ依頼する時にはある程度お金がかかるのでこの点に関しては注意する必要がありますが、殆どの会社では事前に見積書を出してくれます。
見積書を出してもらい納得したら頼めば良いので何も悩むことはありませんし、お金がかかるようでしたら専門の本を購入して調べると言う方法もあります。
最近では調剤薬局の市場分析に関して書かれている専門書も沢山ありインターネットを利用して簡単に購入することが出来るので、それを使って自分で研究することもできます。

調剤薬局の市場規模や今後の展望や動向について

調剤薬局の市場規模や今後の展望や動向について 調剤薬局のM&Aは、経営者の高齢化を初め、業界の先行き不安や薬剤師の不足、大手の調剤M&A攻撃などにより飛躍的に増加傾向にあると言われています。
日本全国にある薬局の数は約5万8店舗で、コンビニエンスストアの数が全国で約5万5千店舗あると言われていることからも、調剤薬局の数はコンビニエンスストアの数よりも若干多い程度にとどまります。

大手調剤チェーンを初め、大手ドラッグストアのシェア率はトップ企業で僅か2.8%に過ぎません。
上位10社でも15.8%など、市場の約7割は個人薬局で、マーケットリーダーと呼ぶ企業がない市場とも言えましょう。
利益構造においては、政府の医療費削減方針は続行すると予測されており、薬価の引き下げ、調剤報酬の下落などにより、調剤薬局の利益は縮小傾向にある、規模の経済が働きやすい業界などからも、大手調剤チェーンのスケールメリットに繋がる合併や買収は今後も加速化されるなどの動向を持ちます。