調剤薬局事務の仕事内容を紹介

調剤薬局事務の仕事内容を紹介

調剤薬局事務の仕事内容を紹介 調剤薬局での事務の仕事内容には、患者さんの受付と会計などの応対や処方せんの入力とレセプト請求業務などがあります。それから、薬剤師の方のサポート役として調剤室内にてお薬の調剤補助などが求められる調剤薬局もあって、薬剤師の人数や処方せんの枚数などによって多少求められる仕事内容に違いがあると言えるでしょう。
一日の流れとしましては、医療機関で発行された処方せんを患者さんが持って来られたら、その内容をレセコンに入力していきます。現在では、二次元バーコードが処方せんにあって対応している場合にはそれを読み取ると正確にはやく入力することが可能ですから、会計までの時間が短縮されてお薬の受け渡しにもお待たせする時間が短くなる工夫がなされています。また、毎月の月初めにはレセプト業務という調剤報酬の請求事務がありますが、日々の処方せん入力が正確にできていて確認作業を行っていれば時間はさほど必要とならないでしょう。

調剤薬局の主な仕事と基本的な内容 を知りたい

調剤薬局の主な仕事と基本的な内容 を知りたい 調剤薬局の主な仕事は、来店した患者さんが持参した処方箋の情報を確認して薬を用意する事です。パソコンにデーターを入力し調剤する薬のデーターをまとます。患者の保険情報に間違いがないかそして最終的なチェックをして会計をするのが主な内容です。調剤薬局は病院の近くにある場合が多く、通院している患者が処方される薬の対応をします。お薬手帳を確認したり、所持していない方には新たに配布する事がある施設です。
医薬品の検品や納入そして在庫管理をするのはスタッフの重要な仕事です。処方箋や調剤録、薬歴をスキャンしてデーター化する作業を内容が最近は増えています。初めて利用する方のアンケートを確認して注意が必要な場合は履歴に残すのは大事です。レセプト処理を行うのは調剤薬局で働くスタッフにとって重要な作業になります。必要に応じて生活保護の調剤権の請求を行う場合があるので注意が必要です。開店作業から閉店するまで多くの作業があります。